あの人と19番ホール

細田榮久

写真家。 おもにゴルフコースの 撮影などで有名ゴルフ誌などにも 数多くの作品を掲載。

これまで国内で700コース、海外で180コースぐらい撮影してきましたが、日光CCはとても撮りやすく、いいアングルがいくつもありますね。 コースが東西に造られていると、順光と逆光しかなく絵になりづらいのですが、日光は東西からちょっと振られてホールがあるので、プレーしても面白いし、写真を撮りたくさせてくれます。造形美というより造った感じがしない、どこまでも自然ですよ。グリーンからティーインググラウンドの方へ振り返っても実に美しい。さすが名匠井上誠一さんの名作です。14番ホールは特に美しい。セカンドの位置に立つと左右のバンカー配置が見事です。背景の杉の樹々がまっ黒に重なってその奥に男体山。実に素晴らしい。 クラブハウスもシックで左右にOUT・INが見渡せ、スパイクでへこんだ木の階段も銀座の古いBarルパンのようで味わいがありますね。